内科?外科?皮膚科?どこに行けば解決できるの?

病院のどこに行くのか?

最初に体の一部に帯状疱疹ができた時、何の症状かわからずに、私はとりあえず「ニキビのクリーム」を塗っていました・・。当然のことながら、まったく効果がなく、むしろ症状が悪化し痛みがヒドクなっていました・・・。

 

発生に気づいてから約1〜2週間がたち、ようやく「ヤバイ・・・」と感じ始め、病院に受診しなくては・・・っと、思ったのですが、じっさいどこの病院の「何科に受診」すればいいのかわからなかった。

 

皮膚に対する痛みがでていたため「内科?外科??」
それともニキビらしきものが大量にでていたので「皮膚科???」

 

答えはやはり「皮膚科」ですね。
帯状疱疹に侵されてしまったとき、少しでも皮膚や神経の痛みを感じた時、病院の皮膚科で受信することです。

 

違和感を感じたらすぐに行動

私はある程度、帯状疱疹の症状を経験しているために痛みやの感覚がわかりますが、まだ一度も感じたことのない人は、どんな痛みが「帯状疱疹の症状」なのか断定できないケースも多いと思う。
私も最初は「帯状疱疹ではなくニキビ」と思っていた。。。

 

しかも毎日のように帯状疱疹になるわけではないために、イチイチ痛みを覚えているわけもない・・・。

 

私の場合だと帯状疱疹の痛みは「太い針で刺されたような痛みを長期間感じる」、しかし帯状疱疹は人によって痛みの感じ方がそれぞれ違うためにじっさいに痛みを感じていてもまた違うことを感じている。

 

よく聞く話ですが「茶毒蛾の毛虫にさされた後の痛いカユイ感じを長期間感じる」。そんな意見を言う人も多いそうですが、実際に茶毒蛾の毛虫にさされた人も少ないのではないかと思想う。

 

そのために、少しでもいつもと違った皮膚の痛みやアレを感じたら迷うことなく病院の皮膚科で受診をすることが大事。

 

症状が発生してからそのまま放置すれば、それだけ治りづらく後遺症にもなりやすいので、早めのケアが必要不可欠です。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ




帯状疱疹は何科を受診関連ページ

帯状疱疹の治療