治療に消炎鎮痛薬やステロイド薬が利用されます

帯状疱疹の治療

帯状疱疹の症状として悩まされるのが「痛み、皮膚のブツブツ」。そのために帯状疱疹の治療としてこの二つをどう対処できるかがポイントになってきます。

 

消炎鎮痛薬の特徴

帯状疱疹はウイルス感染症になります。
そのために、感染してから最初の1週間目の間に抗ウイルス薬を「服用できるか?できないか?」が凄く大きなポイントになります。

 

症状が出始めてから薬をうまく利用すると痛みも緩和することができる。
感染症の炎症や痛みを緩和させるために、消炎鎮痛薬の痛み度をを病院から処方されます。しかし気を付けたいのがこの消炎鎮痛薬を利用しても「即効性」はないですね。私が利用してもものでも、ある程度使い始めてから期間がかかりました。でも、これがないともっと治るまでに時間がかかっていたんだと思うので、やはり必要不可欠なものです。

 

この消炎鎮痛薬にも種類によって異なりますが、2週間〜1ヵ月くらい痛みが続くものもあるために、一番は途中であきらめずに根気よく使い続けること。

 

ステロイド薬

それからさらに痛みがひどい場合に利用するのがステロイド薬。この薬は私はまだ一度も使ったことはないのですが、若い人よりも高齢者の人に多いそうです。

 

どうしても体力的や栄養の低下で痛みもひどくなるために、ステロイド薬の抗うつ薬を利用することになるそうです。

 

皮膚の炎症

それから痛みとは別の悩み炎症についてですが、炎症を弱めるためにビタミンB12などのサプリメントも併用します。
あとは発熱シートで疱疹が出ているところを温める。それからちょっとしたことなんですが、すごく日常生活の中でも心がけるのが浴槽につかるときに「ゆっくりとつかる」こと。これは体内の急性期の痛み軽減するために効果的です。あとはPHNの予防にもなるんでおすすめ。

 

痛みが強い場合には麻酔科やペインクリニックで神経ブロックを行うこともあります。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ




帯状疱疹の治療関連ページ

帯状疱疹は何科を受診