帯状疱疹の薬

薬記事一覧

帯状疱疹の薬の種類

私が利用している帯状疱疹の薬は↓内服薬:バルトレックス(痛みどめ)軟膏基剤:ソルベース(水泡)しかしそれ以外にいろいろと種類があります。内服薬、抗ウイルス薬、消炎鎮痛薬、ビタミンB12、ステロイド、50歳以上・・・・人それぞれによって対象される薬も異なるために、帯状疱疹の症状が起こった時に、それぞれ...

≫続きを読む

 

帯状疱疹の薬の効果

私が病院で処方されている帯状疱疹の薬がこちら↓内服薬:バルトレックス(痛みどめ)軟膏基剤:ソルベース(水泡)バルトレックスがウイルスを抑制する効果があるのですが、さらに痛みが我慢できないときは「トリプタノール」を服用するようにしております。今ではこのような帯状疱疹の悩みを緩和させる専用の薬があります...

≫続きを読む

 

帯状疱疹の抗ウイルス薬

悩みである帯状疱疹をやわらげてくするにも種類があり「抗ウイルス薬、消炎鎮痛薬、ビタミンB12、うつ薬」などありますが、まず抗ウイルス薬について少しですが説明をしていきたいと思います。私も帯状疱疹の症状が発生した時に処方している抗ウイルス薬。私の場合ですが抗ウイルス薬のバルトレックスを1回に2錠、1日...

≫続きを読む

 

抗ウイルス薬「3日以内?」

帯状疱疹の悩みを改善してくれるためには抗ウイルス薬のてを借りることが一番早く簡単に治すことができる。ただし気をつけなくてはいけないのが、帯状疱疹に発症してからいつのタイミングで服用するのか。じつは抗ウイルス薬は最初の皮膚の症状から3日以内に服用しないと薬としての効果を生み出すことがないとされます。つ...

≫続きを読む

 

帯状疱疹「痛み止めの薬」

私がまだ病院から帯状疱疹の薬をもうらう前、痛み止めとして利用していた薬が「ロキソニンS」。これはテレビのCMでも流れているために有名な薬ですよね。薬局やドラックストアなどでも販売されているために手軽に購入することができる。そのために帯状疱疹で「皮膚の痛み、激痛」を感じた時に、痛み止めの薬として利用し...

≫続きを読む

 

帯状疱疹「軟膏、塗り薬」

帯状疱疹のイヤでツライ部分としては「皮膚の症状」になります。赤い大きな点々のブツブツができ、ヒリヒリと痛くなる。そして精神的にイヤになるのが、この帯状疱疹のブツブツを人に見られるところ。まだ隠せる部分ならマシですが、「手や顔」など人に見られて部分だと「気持ち悪い」と思われてしまうのではないかと考えて...

≫続きを読む

 

帯状疱疹「抗うつ薬」

日本では「うつ」に悩んでいる人が年々増加し、その分病院で処方されている患者は抗うつ薬を処方されていることになる。この抗うつ薬はうつ病の患者だけに処方されるわけではなく、「不眠症、対人恐怖症、パニック障害」などそれ以外の患者の人でも利用されている薬。その中でも帯状疱疹の人でも利用されている抗うつ薬。特...

≫続きを読む