気づいたらすぐに服用

抗ウイルス薬「3日以内?」が重要になる。

帯状疱疹の悩みを改善してくれるためには抗ウイルス薬のてを借りることが一番早く簡単に治すことができる。ただし気をつけなくてはいけないのが、帯状疱疹に発症してからいつのタイミングで服用するのか。

 

じつは抗ウイルス薬は最初の皮膚の症状から3日以内に服用しないと薬としての効果を生み出すことがないとされます。つまり3日以降に薬を服用しても意味がないということになる。

 

そのために皮膚や神経に対する違和感を感じた時、迷わずに病院に駆け込むことが大事となります。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ