痛み止めの薬の本当の意味

「痛み止めの薬」鎮痛薬

私がまだ病院から帯状疱疹の薬をもうらう前、痛み止めとして利用していた薬が「ロキソニンS」。これはテレビのCMでも流れているために有名な薬ですよね。薬局やドラックストアなどでも販売されているために手軽に購入することができる。

 

そのために帯状疱疹で「皮膚の痛み、激痛」を感じた時に、痛み止めの薬として利用していました。。。たしかにそれなりの痛みを緩和することはできていたんですが、そのぶん副作用の影響で「胃痛」がひどかった・・・あと金銭的にも毎日ロキソニンを飲むと1週間でなくなってしまう・・・一錠100円もするので。

 

その分、病院で処方される帯状疱疹の痛み止めの薬を処方してもらったほうが一番理想です。副作用や価格的にもメリットは大きいはず。

 

先のことを考えるべき

それから病院から処方されている痛み止めの薬をちゃんと飲まない人もいるそうです。薬を飲んでいることで痛みが和らいできて単純に飲まなくなる。でも、そのような理由で途中で処方を止めると、後々痛みがひどくなってしまいます。

 

ある程度、痛み止めを飲み続けるのもしっかりとした理由があり、痛みを和らげるだけでなく、帯状疱疹の後遺症の痛みであるPHNを残さない予防策があるからです。そのことを考えて、たとえ痛みが軽くても、担当の病院の先生の指示に従い飲み続けることが大事。そうすることで後の災難的症状を防ぐことができるはず。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ