抗ウイルス薬の効果

抗ウイルス薬の種類

悩みである帯状疱疹をやわらげてくするにも種類があり「抗ウイルス薬、消炎鎮痛薬、ビタミンB12、うつ薬」などありますが、まず抗ウイルス薬について少しですが説明をしていきたいと思います。

 

私も帯状疱疹の症状が発生した時に処方している抗ウイルス薬。私の場合ですが抗ウイルス薬のバルトレックスを1回に2錠、1日に3錠を食後に服用しております。

 

このほかにも抗ウイルス薬は「ゾビラックス、アラセナーA」などがなり、症状の度合いや病院の担当の先生により、異なる模様です。

 

抗ウイルス薬の効果は?

そもそもですが、抗ウイルスの効果っていったいどうなの?

 

単純に考えた時に、帯状疱疹におかされることで抗ウイルス薬を服用することで、しだいに痛みなどがやわらぎ改善されてくるわけですが、これって実は帯状疱疹の原因である帯状疱疹ウイルスを死滅しているように思ういますが、そうではないそうです。

 

あくまでも帯状疱疹の原因であるウイルスが体の中で増やさないようにしてくれるのが抗ウイルスの効果になるとのこと。そのために裏を返すと、あくまでも一時的な効果となり、また同じような症状が起こるということになります。

 

そのために、日々の生活の中で帯状疱疹が起こらないように「食生活、睡眠、ストレス解消」なそしっかりと行うことが大事なわけですね。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ