高齢者に利用される抗うつ薬

帯状疱疹「抗うつ薬」

日本では「うつ」に悩んでいる人が年々増加し、その分病院で処方されている患者は抗うつ薬を処方されていることになる。

 

この抗うつ薬はうつ病の患者だけに処方されるわけではなく、「不眠症、対人恐怖症、パニック障害」などそれ以外の患者の人でも利用されている薬。その中でも帯状疱疹の人でも利用されている抗うつ薬。特に若い人よりも高齢者の人に多い。

 

「うつ病の薬」と聞くと、あまりいい印象を受けないのですが、神経をやわらげることで「痛みや興奮」をやわらげる効果がある。そのために帯状疱疹の症状で痛みに我慢できず精神的にも苦しむ年配の方に抗うつ薬が利用されるケースが多いそうです。

 

それから抗うつ薬(トリプタノール)を服用するときも、1錠を丸ごと服用するのではなく、10分の1にカットして容量を減らしてから服用するそうです。一錠丸ごとだと、効果が強く副作用も出やすくなるために、10分の1で十分に帯状疱疹に対する痛みの効果を発揮してくれるとのこと。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ