帯状疱疹とビタミンB12の関係

ビタミンB12をたくさん食べる

私が食生活の中で意識しているのがビタミンB12をたくさん取ることです。このビタミンB12をとれば体内の血流が良くなるために神経細胞の修復も改善され嫌な帯状疱疹の予防にも効果的になります。

 

逆に言うと、ビタミンB12が不足すると悩まされる帯状疱疹や皮膚のアレなどになりやすくなる。そのためにも、積極的にとるようにしております。

 

ビタミンB12が多く含む食品

この帯状疱疹を防いてくれるビタミンB12ですが、確かにサプリなんかを服用すればことたりるわけですが、それよりも毎日の食事の中に栄養のあるものを含ませた方がいいですよね。

 

そのために私が意識してい食べているのが「肉や魚」です。これらには多く含まれているのです。

 

B12のメリット!

どうしても魚なんかだとDHAやEPAが注目されますが、これらは生刺身しかほとんど含まれていません。ではビタミンB12も刺身じゃないと栄養を確保できないの?

 

実は、刺身でも焼いても、煮ても、熱を加えたとしてもそのままビタミンB12を持続したまま体内に含ませることができます。

 

タダ注意したいのがビタミンB12は植物性の野菜にはほとんど含まれていないために「肉や魚、それから卵、乳製品」を意識的に食べることが大ですね。

 

ビタミンB12がたくさん含まれる「魚」

イワシ、サンマ、ブリ

ビタミンB12がたくさんの「肉」

牛レバー、 鶏レバー豚レバー

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ