軟骨クリームで皮膚炎

炎症や腫れの予防に軟骨クリーム

私も最初は意味が分からなかったんですが、いざ自分が同じような症状の悩みに直面することでその意味が分かるようになる。

 

「帯状疱疹いなると”黒色の下着の使用はダメ”」

 

まず帯状疱疹の症状がドコで起こっているかによります。一番のポイントは「胸元や背中周辺」。
この部分にブツブツガできた時に、「痛み止め、炎症止め」をもめるために軟骨クリームを塗ることがあると思う。

 

帯状疱疹の痛みがマックス状態の時、私は下着をまとえないほど痛みを感じるのですが、だいぶ痛みがやわらぎ始めるころ、軟骨クリームを塗り「赤身や腫れ」を抑えようと考える。

 

その時にどうしても軟骨クリームの影響で「下着が汚れる」からといって「黒色の下着」を着用するとまれにかぶれることがあります。そのために注意が必要。

 

どうしても黒色材料の下着っていうのはアレルギー性の摂取皮膚炎をおこしやすいので、下着をつけるときは無色の下着を選ぶべきです。家の中にいるときはできることなら着用しないほうがベスト。

 

それからもう一つ、ヘアカラーでも頭皮がかぶれちゃう人もいる、これも同じようなことで黒色染料が原因なために使うときはちゃんと気を使ってから使うようにしましょう。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ