帯状疱疹にならないように

免疫を向上させる意識

帯状疱疹になる大きな原因は「免疫が低下」するから。それだったら帯状疱疹にならないように予防対策を考えるときに単純に免疫を向上させることが大事になるわけです。

 

しかも免疫を向上させることは帯状疱疹だけでなく「風邪の予防、疲労回復、ストレス解消」などにも期待できる。

 

悪いウイルス

免疫のシステムとしてとても重要になるのが活性酵素となります。体に入ってきている「悪いウイルス」をやっつける作業をするのが免疫の仕事。しかし年齢や食事などで免疫ダウンすることで、うまく仕事をしてくれなくて、すきを狙って悪いウイルスたちが人間を責めてくる。

 

死亡を参加させて老化や決戦の大きな原因となる過酸化脂質を作り出すなどいろんな悪さをしてくる。これが原因で帯状疱疹や風邪、などになってしまうわけです。

 

ビタミンA、C、E

このように悪いウイルスを防ぐために活躍してくれるのが「抗酸化食品」体の中に生じてしまった活性酵素を綺麗に除去してくれるわけです。

 

このような抗酸化食品はビタミンAやビタミンC、ビタミンEに豊富に含まれています。

栄養

効果

ビタミンA 粘膜や膚の新陳代謝を活発に
ビタミンC 抗酸化力を強くし細胞を強化

 

ビタミンE

過酸化脂質の生成を整えて、血の目釣りを良くする。

 

このビタミンA、C、Eは確かにサプリなどで処方できますが、新鮮な野菜からとることが一番。とくに「ポリフェノールやベータカロテン、フラボノイド」など抗酸化作用が強い「にんじん、だいこん、ほうれん草、かぼちゃ」から摂取することができます。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ