食事にこだわることで帯状疱疹を予防できる

栄養のある食事

帯状疱疹は日常生活にほとんど支障をきたさない「軽度」から、入院治療が必要なほどの「重症」まであります。このために薬などを服用するときも、患者によって変わるのですが、毎日食べる「食事はさほど意識することはありません」。(お酒はダメ×××)

 

でも帯状疱疹はどうしても「ツライ症状」なので、できるだけ食事をとるときは疲労改善ができる食事をすることが大事。体内の「ビタミン、免疫」なんかも治りとかかわってくるために、意識して栄養のある食事をすることはすんごく大事!!

 

帯状疱疹の予防

なんだかんだいって帯状疱疹など病気にならない「生活・食事」を毎日意識して取ることは大切ですね。このために私が意識しているのが「免疫やビタミン」をたっぷりと体内に吸収することができる食事をすること。

 

免疫力の高い身近な食品として「大根、白菜、キャベツ、ブロッコリー、トマト、かぼちゃ、鶏肉、豆乳、ヨーグルト」。
こんな感じで、免疫力が高い食品を意識して一日三食に入れ込んで食べております。野菜なんかも色鮮やかな緑黄食野菜の色素成分の香りや精油成分には、活性酵素の害から守るポリフェノールなどがたくさん含まれている。

 

抗酸化酵素は防御機能の低下を帯びない筒抗酸化力の高い野菜を食べることで免疫力を高めることができる。

 

とくに私が行っているのが、生野菜(にんじん、せり)に納豆を混ぜてから食べること!!これがおいしくて、無茶苦茶栄養満点です!!これを毎日食べていたら、どんなに年齢が高くなっても帯状疱疹や他の病気にも負けない強い体になってくれるはず!!

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ