帯状疱疹と水疱瘡は感染するの?

帯状疱疹と水疱瘡の関係

あの嫌な時期をたまに思い出すことがある・・・私が水疱瘡にかかったのは小学2年生のころ、足の右足にふくらはぎに大きなブツブツガできてかなりの「かゆみ、痛み」を感じていた。なによりも私が一番の嫌な思い出としては、周りから白い目で見られたこと・・・低学年なのに、、、

 

どうしもて水疱瘡は幼児期にかかりやすいとされています。10歳の子供によく見られる症状で、その中でも1〜4歳の子供が発生しやすい。

 

生まれたての赤ちゃんは母親からの免疫力をもらってるんで、あまりかかることはないそうですが、その後の1ヵ月もするとしだいに免疫力が低下し、水疱瘡に発症しやすくなる。

 

昔から「水疱瘡にかからない子供はいない」とまで言われているために、もし子供が水疱瘡に発症したら、少しでも違和感を感じたら、すぐに病院に行くことです。どうしても水疱瘡は周りの人に感染する恐れもあるために、予防と注意が必要。

 

大人でも発症する

水疱瘡は「水痘、帯状疱疹ウイルス」に初めて感染した時におこる感染症の一種。

 

水疱瘡は幼児期の子供にかかりやすいと話しましたが、どちらかというと水疱瘡にかかるのなら子供の方が良いかもしれない、まぁ一番はかからないほうがいいのですが・・・どうしても大人になり水疱瘡になるとかなり悩まされるそうです。

 

帯状疱疹と水疱瘡の感染

この水疱瘡にかかることで「水痘、帯状疱疹ウイルス」が神経内部に隠れ、大人になることで発症するのが帯状疱疹になるわけですね。

 

つまり水疱瘡も帯状疱疹もおなじウイルス感染症となるのですが、帯状疱疹は他人に移ることはありません。でも帯状疱疹にかかっている大人が、まだ一度も水疱瘡を経験していない子供に対しては感染する恐れがあります。

 

そのために帯状疱疹の症状が出ているときは、それなりの注意が必要となりますね。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ




帯状疱疹と水疱瘡関連ページ

水疱瘡の感染が減っている?