昔とは違う日本の流れ

水疱瘡の感染が減っている?

これはうれしいことなんですが、少しさびしい気持ちになる。昔に比べると「水疱瘡に感染する子供が減少」しているそうです。

 

この話を聞くと「よかった、よかった」と、思いがちですが、あながちさびしい気もします。

 

今の日本の家庭には一家に”お風呂”は必ず完備されていますよね?しかし昔だとそんなことがなかった、そのために親子で銭湯に行って互いに背中を流しあいこすることが多かったんです。昔の古き良き時代で、近所の人たちとも触れ合う機会がたくさんある。

 

でも子供の感染症の中で水疱瘡の症状は銭湯などで発生することが多かったそうです。大人と子供が裸で付き合うことでどうしても子供が感染してしまう。

 

しかしこれはあくまでも昔の話、現在では「少子化の影響」と「家に風呂が完備されている」ために水疱瘡の症状も格段に少なくなっているそうです。

 

水疱瘡などの病気が減ることはうれしいことなんですが、やはり少子化で周りの人との触れ合いがなくなることは寂しいこと。

 

水疱瘡から麻疹?

水疱瘡の数はへったのですが、それが影響して同じ感染症である「麻疹」の症状が増えているそうです。子育てをしていない世代が子供と接触する機会も極端に減り、その結果若い人に麻疹が増えているそうです。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ




水疱瘡の感染が減っている?関連ページ

帯状疱疹と水疱瘡