免疫力のダウンは大きな要因

帯状疱疹とガンの密接な関係

帯状疱疹に対してどうしても関係してくるのが免疫。私も帯状疱疹に悩み、苦しむようになり、どうしたら同じ症状にならないか勉強した時にでてきたのが免疫。この免疫を常に向上させることで帯状疱疹を予防することができるるわけです。

 

この逆に免疫力が極端に低下することで起こることで帯状疱疹になります。そしてもうひとう、免疫力が低下して起こりやすいのがガンですね。そのために、同じ免疫力低下のために「ガンの症状がある人は帯状疱疹になりやすい」とされています。

 

ガン細胞の関係

少し気を付けたいのが何度も何度も帯状疱疹を繰り返すような場合、体のどこかでがん細胞が増殖し、免疫を低下させているということも考えられているそうです。

 

前のページでも説明しましたが、一般的には帯状疱疹がいとどこ来たら二度目は起きりにくいとされていますが、膠原病の薬により免疫の低下、そしてがん細胞により同じように免疫力がダウンし、何度も発症してしまう恐れがある。

 

違和感を感じている人は、一度病院で健康診断をすることをお勧めします。ある意味では帯状疱疹は、その人の免疫力や健康状態をはかるパロメーターとしてもうまく利用ができるはず。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ




帯状疱疹とガン関連ページ

帯状疱疹と糖尿病
帯状疱疹と膠原病