帯状疱疹と糖尿病

帯状疱疹と糖尿病の合併症

私として帯状疱疹のほかに重い病気は特にないのですが、この症状をもちながら他と重なることで症状が合併して重くなる人もいます。

 

種類もさまざまですが、その中でも「帯状疱疹と糖尿病」の組み合わせはかなり体を悪化させるとのこと。合併症だけでも、糖尿病だけでも悪い症状ですが、これに輪をかけて合併するとどう考えても体調は悪くなる。

 

糖尿病

糖尿病の中で日本の約95%をしめているのが2型糖尿病で、これは普段の生活習慣病の代表的な病気。どうしてもこの病気は普段の生活スタイルでは気づかずに、健康検査などを受けることで気づくそうです。そのために、早期発見が難しいとされる。

 

糖尿病と帯状疱疹が合併するときは免疫が低下しているときが多いために、高齢者の人にかかりやすい症状の一つ。

 

この糖尿病と帯状疱疹が一緒にかかることでおこるのが「糖尿神経障害」。どうしても知覚神経が麻痺しておこりやすくなるそうです。
そうなると帯状疱疹の最初のサインでもある前駆痛に気づくことなく、対処が遅れるために症状がひどくなった状態でしだいにあらわれてくる。

 

そのために気づいたときには炎症が広まっているために痛みもひどく治りが遅くなる。そしてもう一つ怖いのがこの合併症がおこるとこと後遺症にもなりやすいとされています。

 

糖尿病にならないために高血圧の予防や帯状疱疹に効果的な免疫力の上昇など生活の知恵を積極的に取り組んでいくことがとても大事です。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ




帯状疱疹と糖尿病関連ページ

帯状疱疹と膠原病
帯状疱疹とガン