原因はウイルスで起こってしまう帯状疱疹

帯状疱疹の原因

男性でも女性でも関係なくおこってしまう帯状疱疹。
本などを見ると女性の方が帯状疱疹になりやすいと書かれていたんです、しかし寿命が長い女性はどうしてもその分、帯状疱疹を発生する数も増えるために、結果的には男女変わらず発症しやすい病気と言える。

 

この帯状疱疹のもとの原因として、幼いころに「水泡、水疱瘡」に発症することでウイルス(VZV)ができてしまいおこります。

 

 

水泡や水疱瘡もずっと発症するわけではなく、治療や薬を使えば1週間ほどで治ります。ただし治った後でも「こっそりと神経の中で悪さをするのことを待ってるんですウイルスが・・・」この部分が帯状疱疹の原因なんです。。

 

原因はウイルス

いったん感染して体内に入ったウイルス(VZV)は、知覚神経を伝わって三又神経節や脊髄の神経節の細胞に感染し、その中に隠れている。

 

体の中にしっかりとした免疫力がたっぷりとあればこのウイルスたちは悪さをしてきません、しかし水泡が治ってから数年から数十年の時が立つことで、しだいに免疫力も低下してしまい、その弱くなっていると所をみはからって襲ってくるわけです。

 

その結果的に起こる症状が「帯状疱疹」になるわけなんです。神経をきづつけて痛みを起こし、その神経にそって皮膚に帯状に水ぶくれがでてくる。

 

帯状疱疹の痛みもひどいのですが、なんといってもグチャグチャの見た目が気持ちが悪くなる・・・そのためにどれだけ帯状疱疹が起こらないように予防や対策を行えるかが大事。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ