帯状疱疹位なると周りに迷惑をかけるのか?

感染してしまうのか「帯状疱疹」は?

「帯状疱疹は周りの人に感染させる病気なのか?」
・・・少しどころか、すごく気になることですが、この帯状疱疹と同じウイルスを持つ「水疱瘡」は感染しやすいといわれます。

 

水疱瘡は体の免疫がちゃんとできていない10歳までの子供に発症しやすい病気。高齢者の人たちの空気感染により水疱瘡が発生するといわれ、そこから周りの人に感染してしまう。

 

昔の話

今と違って昔の人は親子で先頭に行く人が大方ために、裸の付き合いをする子供がとても水疱瘡になりやすかったそうです。そのため現在では昔ほど水疱瘡になる子供は少ないとのこと。

 

では、同じウイルスである「水痘、帯状疱疹ウイルス」を持つ帯状疱疹は周りの人に感染させるのか?
答えは・・・大丈夫です◎

 

ただし注意したいのが帯状疱疹が発生している大人の人が、まだ水疱瘡の経験をしていなくて予防接種もしていない子供、乳幼児に接触すると「水疱瘡を発症」しやすくなる恐れがあるそうです。

 

現在では2011年より国側が、子供へのことを考えて、水痘ワクチンの接種を定期接種として義務付けられているそうですが、帯状疱疹位になった人も周り気配りとして、あまり子供との接触は避けた方がいいもよう。

 

ヘルペス

あと、最後にもう一つ、似たような症状である「ヘルペス」は周りの大人の人にも感染するために、より一層注意が必要です。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ