帯状疱疹が治っても心因性として残る痛み

帯状疱疹の後遺症

帯状疱疹として、症状が起こっているときが悩まされるときなんですが、通常として1〜3週間で治るとされています。

 

でもこの帯状疱疹の怖い所として、症状の場所や、年齢そして「軽度、重度」などの症状の度合いによってさまざまな合併症や、たとえ治ったとしても後遺症が残るとさていります。そのために侮ることができない病気の一つとなります。

 

帯状疱疹の後遺症

場所

症状

目の周り 結膜炎、角膜炎、虹彩毛体炎、眼筋麻痺
耳たぶ 顔面神経麻痺、難聴、めまい
運動麻痺 筋肉麻痺、便秘、排尿障害
多い後遺症 帯状疱疹後の神経痛

 

帯状疱疹後の神経痛

帯状疱疹の後遺症の中で最も多いとされていて治療が難しいといわれているのが「帯状疱疹後神経痛」です。皮膚の症状が治ってはいるのですが、ツラい痛みだけは残ってしまうという悩み。

 

誰しもおこるわけではないそうですが、とくに「高齢者、糖尿病」がある人の場合として神経が破壊されやすいために後遺症の帯状疱疹後神経痛になりやすいとのこと。

 

いままでの帯状疱疹の時に発症していたウイルス感染による延焼の痛みと違い、帯状疱疹後神経痛での痛みは神経が木津ついたことによる痛み。そのために今までの耐え難い民の記憶が脳に残っているために心因性の痛みとして後遺症とかわり約3〜1年ほど続いてしまうそうです。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ