意識的にストレス解消

免疫力を高める

日々の生活の中で「帯状疱疹」を予防するために、あの「痛み、ブツブツ」に悩まされないために私が意識しているのが免疫力をアップさせること。

 

免疫力アップ作戦
  • 日々のリラックス
  • かかさずの運動(ウォーキング)
  • 血流の良い食べ物
  • 睡眠は6時間以上

 

こんな感じで、当たり前の生活にちょっと免疫を高めるように意識しております。

 

しかしこの逆に免疫力をダウンさせることがあるそれが「ストレス」、、、これはどうしても溜まってしまいますね。そのためにどううまく発散させられるかが大事になります。

 

そもそもどうしてこのストレスをためることで免疫力がダウンしてしまうのか?

 

ストレスを感じるとダウンする免疫力

人生の生活の中でどうしても溜まるストレス。これは交感神経が緊張してしまい頭の脳からアドレナリンやステロイドホルモンなどが大量に分泌されることでストレスが溜まってしまうことになります。

 

これらのホルモンや神経伝達物質は、免疫を担当するナチュラルキラー細胞の働きになります。これらを低下させてしまうことで活性酸素が傷ついた細胞が修復する働きを排除しウイルスに感染した細胞もやっつけてくれる、つまり私たちの生活の免疫機能を高めるために必要不可欠なんです。

 

しかし精神的なストレスを感じることでナチュラルキラー細胞が弱くなってしまい、何もしなくなる、、、こうなると帯状疱疹なども起こりやすくなるためにどれだけ、ストレスをため込まないことかが大事になるわけですね。

 

ストレスはきっとたまるとは思うんどえ、その溜まったストレスを発散させる。そうすることで免疫力も高まり帯状疱疹などを防ぐことにつながります。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ




ストレスで免疫力ダウン関連ページ

帯状疱疹「ストレス・疲れ」
帯状疱疹とヘルペスの違い