帯状疱疹になりやすいケース

ストレスや疲れがたまりこむことで帯状疱疹に

先ほどのページでも少し触れたのですが、帯状疱疹に「なりやすい年齢」と「なりにくい年齢」があります。

 

どうしてもなりやすい年齢として、小さいころに水泡にかかることで10代〜20代にかけて「水泡、帯状疱疹ウイルス」の影響によりどうしても免疫が低下してしまい帯状疱疹になりやすくなります。

 

10代だと体内に帯状疱疹ウイルスを抑え込むだけの綿エイが足りないのが大きな原因となります。それから50〜70代の高齢者で帯状疱疹になりやすいのも、年齢的な理由で「体力、疲れ」が原因で免疫低下が起こってしまうのです。

 

これは帯状疱疹に言えることではなく、全体の病気症状に言える話。
毎日の食事が栄養不足だったり、タバコ、暴飲、疲れ、睡眠不足などが続くことで、自動的に免疫力も低下しますね。それから、ストレスがかかったりすると急激に免疫力も低下するといわれる。

 

10〜20代の免疫力低下原因

水泡、帯状疱疹ウイルスの影響

 

50〜70代の免疫力低下

栄養不足、疲れ、体力不足、ストレス、暴飲、睡眠不足

 

どうしても年齢が高くなることで、免疫力が低下するために、帯状疱疹の発症率も高くなる。そして輪をかけるように他の病気にもなりやすくなるために、さらにストレスもかかり体制も弱くなり、さらに帯状疱疹にかかりやすくなる。

 

そこで普段の生活の中でどれだけ今までと違ったことを行うかが大事になります。つまり帯状疱疹や病気にならないような日々を送ることが大事、最初は無理にでも意識して改善を行うこと。

 

少しの予防

例えば、毎日の食事に免疫力を加えるための食事を取り組むこと。

 

免疫力を向上させ食材

ヨーグルト、納豆、漬物、キムチ

体全体に免疫力や栄養のあるものを一日三食食べることが大事。

 

それから、ストレスをため込まない生活も意識することです。誰だってストレスはたまるもの。とくに帯状疱疹になったら、さらに「痛みとイライラ」はマックス状態に溜まるものなんですが、これも日々の生活にストレスが加わっているからです。

 

そのために、たまったストレスを解消するために、日々の生活で解消させることが大事。できだけ最初は無理にでも意識をすることで変わるはずです。

ウィルス抑制でヘルペス予防に効果

米国の臨床実験で、ヘルペスウイルス保持者は、1日1000〜1300mgのリシンを服用することで、ヘルペスの発症を抑えることがわかっています。

こちらドクターズチョイスは、リシンを1日の1000mg摂取することが可能です。

その他にも、ビタミンC(200mg)や亜鉛(5mg)が含まれているため、皮膚の修復機能を高めることが期待できます。

>>ドクターズチョイスの詳細へ




帯状疱疹「ストレス・疲れ」関連ページ

帯状疱疹とヘルペスの違い
ストレスで免疫力ダウン